タッチプレーとフォースプレーによるアウト

少年野球のルール

フォースプレーによるアウト

フォースプレーをを理解するには、進塁義務を理解しよう

進塁義務=次の塁に向かわなければならない。と考えてください。

バッターは打った後、1塁への進塁義務があります。
1塁ランナーは、バッターが打った場合2塁への進塁義務があります。

ランナー1・2塁の場合、それぞれ2塁3塁への進塁義務があります。
満塁の場合も同様に、それぞれのランナーに進塁義務があります。

バッターはインフィールドフライなどで特別な理由がない限り、進塁義務があると考えます。

インフィールドフライについて。成立の条件、事例など。
インフィールドフライの条件と、インフィールドフライのいろんなケースを解説。サヨナラインフィールドフライになった原因。宣告後もボールインプレー。タイムはかからないため注意が必要。おすすめのYouTube動画も紹介。

進塁義務のあるケース

進塁義務のないケース

ランナーより、前の塁が空いている場合は進塁義務はありません。

進塁しても、進塁しなくてもいい状態になります。

フォースプレーによるフォースアウト

フォースアウトとは上記しました進塁義務のあるランナーをアウトに出来るルールです。

進塁義務のあるランナーよりも先に、ボールを持った野手が進塁先のベースを踏むことで自動的にランナーがアウトになる。
 

フォースアウトに出来るパターン 出来ないパターン

タッチプレーによるアウト

ボールを持ったグラブか手でランナーに触れることをタッチプレーと呼びます。

ランナーが塁についていない状態のときに、ボールを持ったグラブでタッチするとアウトになります。これをタッチアウトと呼びます。

フォースアウトに出来ない場面や、牽制、盗塁を刺す場面、ランナーが塁間で挟まれた場合などにタッチプレーとなります。

簡単ですが、タッチプレーは以上(;゚Д゚)

30日間無料で読み放題
ろんどべる
ろんどべる

どちらの本もわかりやすく、見やすいのでオススメᕕ( ᐛ )ᕗ

コメント

タイトルとURLをコピーしました