フェアボールとファウルボール

フェアボールとファウルボールについて。

ろんどべる
ろんどべる

今回は野球の基本、『フェアボール』と『ファールボール』について学びました。

ろんどべる
ろんどべる

バッターが打った打球は必ず『フェアボール』か

ファウルボール』になります!

フェアゾーンとファウルゾーン

ろんどべる
ろんどべる

上の画像の明るい部分がフェアゾーン。ここに打球が飛ぶと『フェアボール』です。

ろんどべる
ろんどべる
 

上の画像の暗い部分に飛んだ打球が『ファウルボール』になります。

ファウルボールの注意点

・ファウルボールと判定された場合、ストライクのカウントが1つ増えます。(2ストライクまで)

・2ストライク以降のファウルボールは何回打ってもストライクのカウントは増えません。

・ファウルボールと判定された場合、ボールデッドとなり自動的にタイムの状態となります。

404 NOT FOUND | ろんどべるの迷走ブログ

フェアになる場合

ファウルボールになるケース

停止したボールの判定

ろんどべる
ろんどべる

以上!どうでしょうか?

最後に私が見て非常にわかりやすかった動画をご紹介します。

詳しく知りたい方はこちらの動画をどうぞ。

おまけ とても分かりやすいフェアとファウルの解説動画

ろんどべる
ろんどべる

内容を入力してください。

ろんどべる
ろんどべる

こちらの書籍もオススメ!

いろんなケースの判定が詳しく書かれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました